ある周南市幹部職員の内部告発(?)民主主義の根幹を否定した副市長の所業

昨年9月中旬、
周南市役所崩壊(新南陽派閥の失態)というパンフレットが配られた。

内容は旧新南陽派が市役所内でやりたい放題の無法を働いていた様実名入りで書かれている。

その中心人物は人事権を掌握した 住田副市長 である。彼のバックには旧新南陽派閥の ドン、T氏 の影がちらつくと・・・。


その、第一ページ目に 民主主義の根幹である選挙制度を踏みにじった個所 が書かれている。その内容は

予測通り前市長島津氏との一騎打ちとなり、巻き返しを図る島津氏の危機感を感じたのか、市役所職員の部長、次長、課長全員に1人々に直接電話を入れて、毎朝の朝礼や会合、また家族・友人に島津の悪徳ぶりを説明し、木村に投票するよう指導命令が下された。特に若い職員は、島津氏を知らないので言い聞かせろとの内容であった。結果は大差で木村市長の圧勝であった。一部の人間から市役所が組織選挙をしているとの噂も出たが、島津陣営がこの事を知らず訴えもしなかったので問題視されなかった。(原文)

告発文の一部分ではあるが上記ように書かれている。5ページに亘って旧新南陽派閥が如何に無能な職員(内部告発者の意見)を如何に上級管理職に祭り上げたかが詳細に書かれており、市民の生活や良質な行政サービスの提供など一切お構いなく、旧新南陽派閥の利益だけを求め周南市を食い物にしていく姿が克明に描かれている。

このような事が、今回逮捕者を出した官製談合の素地になった事は疑いない。旧新南陽派閥の部長たちの子息を市職員に採用する事が条例違反になっている事などヘッチャラだとばかりに・・・。


告発をした幹部職員は当時、選挙管理委員会の最高責任者の一人であったが、パンフレット配布後、左遷された。今の木村市政には、市民のための市政を考える暇はなく自分達の取り分だけに固執し金儲けを企むだけの集団になっている。

機会が訪れれば、是非、内部告発の一部始終をブログに挙げてみたい。


周南市官製談合の裏にある権力闘争

今後の市長選に向かっては、

大きく二つのグループの主導権争いがあると、まちの政治評論家達の話は一致しているようです。

旧新南陽市派旧徳山市派の争いだそうです。


当初、木村氏は徳山市派の ボスO に担がれ市長に当選し ボスO の言うままの市政を行ってきたが、木村氏の後援会を長年支えてきた 同級生 が頭角を現すと次第に ボスO のいう事を聞かなくなったという。

しかも 副市長 は旧新南陽市派の代表格の一人であり、市の人事の全てを牛耳る人になる。

本来、旧新南陽市派に限らず、市職員の子弟を市職員に採用する事は政治倫理条例違反であり採用する事は出来ないはずであるが、この二つのパワーバランスが崩れ、勝ち誇った旧新南陽市派に支えられ、木村市長は条例違反を承知のうえでか、彼らの子弟を採用した。

今回の官製談合事件で逮捕されている國澤容疑者の息子も職員として採用されているし、その他、旧新南陽市派の上級職員の子弟数人も採用されている。


市の公共工事の落札においても、旧新南陽市派の会社が優遇され(官製談合の疑いのある会社)、旧徳山市派の ボスO は苦々しく思っており、ボスO の言いなりになる市長候補を何が何でも探し出し木村市長に圧力をかけようと企んでいると巷では噂されている。

市民のために新市長をと言うのであれば何も問題はないのだが、反市長候補を探す事で金もうけを企むオゾマシイ輩がいる。

市民を冒涜しているにも程がある。

市政を金儲けの道具にしようとする政治屋達の思惑は必ず排除されなければならない。

そのためには、現市長は適格性を欠いており、新市長のクリーンなリーダーシップが必須だとまちの評論家達は熱弁を揮っている。

旧新南陽市派、旧徳山市派の企業どちらも、皆、金目目当てである事は疑いの余地なし。しかし、この対立の裏にある闇は深い

市民のための公平で公正な透明性のある市政の実現

我々市民は切望している。今回のような官製談合を起こし、逮捕者まで出す木村市政に失望しているのが大方の市民の思いではないのか。

このような土壌を作った一部の市職員や議会にも一端の責任がある事を自覚し猛省を促したい。

官製談合発覚により明らかになった不適切な関係

木村市長と福谷徳三郎の関係は、

とても節度をもって接しているとは思われない。

木村市長の夫人が代表の ” モック ” が運営する駐車場の月極め駐車場は福谷徳三郎の福谷興産が営業を担っている。

即ち、福谷徳三郎との間に金銭の取引が成立している事になる。

これは明らかな 政治倫理条例違反 である。

また、

福谷徳三郎 と木村市長の後援会長 近間純江氏 は血縁であると言われている。

近間純江は、県の更生保護司協会の副代表の地位にあり、先に叙勲の栄に浴している。

木村市長と福谷徳三郎の違法な取引関係の一方で 近間純江氏は木村市長の後援会長に就任 している。

彼女には、公益団体の副代表としての見識が問われる。