周南市の改善提案一覧

大丈夫???周南市の防災行政無線

平成29年5月29日 午前9時5分
中国総合通信局に電話取材(082-222-3023)

「周南市の防災行政無線について・・・」
「その件でしたら直接周南市にきいてください」
と、この件については答えられないとの事。

「それでは一般論として質問しますが、まず申請するにはどういう書類が必要なのですか?」
「いろいろなケースがありますが、登録だけでいい場合もあります。」

「登録だけでいいという事は、免許取得者を必要としなくても・・・」
「そういう事ですが、ただ無線LANの場合、電波の出力、また音量(60ホーン以上)を通すためには事前許可が必要で、その場合、免許者を申請、あるいは予備免許が必要です。」

おそらく周南市の場合、登録だけでスタートし、無線が届かなかったり、無線環境が悪い地点が生じた場合、その度に予備免許を取得したりしたのではないか。


平成29年5月30日 午後3時40分
山口大学理学部長 松野教授(083-933-5700)

「無線LANの研究をなさっておられますが、現在も・・・」
「いま、“ひと休み”ということかな。だが続けますよ。」

「無線LANについて論文はお出しになっているのですか?」
「論文・・・。いろいろ出していますよ。ホームページを見れば分かりますよ。」

「そこでお聞きしたいのですが、周南市の防災行政無線は先生の提案だったのですか?」
「いや、平成26年、この件のプランをつくる時にかかわったのは事実です。」

「先生は国の基準にあてはまることがなかった。これは設計ミスだったが、国の基準に適合する設計にしたので自分の役目は終わったと言ってましたが、そういうことはビーム計画設計に問題があったのでは」
「・・・・・・」

「ビーム計画設計、それに德機電設にも問題が・・・?」
「德機電設は知らなかった。ついこないだ名刺交換をしたばかりですよ。」

「立地条件などに問題が?」
「いや今回は国から出している方針、それに従ってやるので、問題が生じたら国の方針に問題があるということになる。」


フリーランサー 周南太郎


周南市防災行政無線にまつわる疑惑と百条委員会

平成29年2月17日のブログで既に指摘されている様に木村市長の市民軽視の姿勢には呆れ果てます。

これでも周南市民は怒らないのでしょうか。全く理解に苦しみます。
お上のやる事に口を挟むなと言う事でしょう。

システムの設計ミスのため(???)未着工で遅れ、設計やり直しに伴う補正予算7500万円の増額が市議会で5月29日、可決されたとの事です。

この責任は何処にあるのでしょうか?市長は全く無責任で、市議会も全く機能していない。
何という市民の生命軽視のマチでしょうか。

本来なら百条委員会モノでしょう。
島津前市長は建設時期が遅れたと言うだけで、ある目的をもって百条委員会にかけられたのです(周南市議会議員:兼重元が主導した)。ありもしないデマをでっち上げられ濡れ衣を着せられた訳です。ひどいことです。結果的には何もなく、市長職を手に入れるためだけの策略でした。

百条委員会設置とは、市議会議員には重い責任があり、間違えば議員を辞する覚悟が求められます。兼重元以下、当時の議員たちは何らの責務を負うことなく平然とし、相変わらずの木村シンパです。とんでもない事です。

多額の税金をつぎ込んだだけで、奸計どおり、市長職をまんまと手にし、今に至り、箱もの行政まっしぐらです。

しかし、今回の木村市長の件は明らかに悪質で、十分、百条委員会設置にあたいします。

何せ、今まで放置し、設計のやり直しで7500万円の追加予算を必要としているからです。

市長は殊勝にも 発注者として責任があると述べています。要は発注者としての責任だけだと嘯いているように聞こえます。そしてしかるべき時に責任を取ると見栄をきりました。しかし彼が実際に責任を取る人かどうか、多くの市民は知っています。今まで公約を含め、盛んに大嘘を吐いてきたのですから。

どうせ減給くらいでお茶を濁すつもりでしょう。
喜んでいるのは、市長と受注業者でしょう。

何ら落ち度の無い、前市長を百条委員会にかけ(兼重元の奸計)、木村達の策略通り市長職を手に入れ、すでに6年以上がたちます。その間何の進展もありませんでした。

経験のない設計業者、建設業者を使っているから当然でしょう。これこそが百条委員会設置に値する失政です。薄笑いの底にある卑劣さは、市民の安心安全なんて、全く考えていません。ポーズだけです。

周南市民は、、、

しっかり市政を監視し、市民の不利益になるような問題に気が付けば、すぐに声を挙げようではありませんか。そうしないと、このまちは、近い将来、必ず、財政管理団体になってしまいます。気が付いた時はもう手遅れでしょう。肝に銘じて下さい。

市長はどんどん夕張市のような財政状況に誘導しています。後は野となれ山となれです。知った事では無い!!今が良ければ・・・。破産に追い込むには、それなりの理由があるからです。

市民は薄々気づいています。市の財産をある筋に売却するのではと噂してます。

最後にもう一つ疑問があります。
本当に今、設置しようとしている防災無線は、地域にとって必要なものなのでしょうか。時代遅れも甚だしいと思うのですが。

個人や各家庭にはスマホ、テレビ、ラジオ等がありこれらから緊急情報を流せば十分事足りると思います。今でも実際に使われています。

120デシベルを超える大音量(ジェット機の真後ろで聞く音量)と電磁波で健康に良いはずはありません。この電波塔を住宅地の公園や学校・病院の傍に何か所も設置しようとしています。今なら住民訴訟を起こしてでも、建設を中止させることが出来るかもしれません。

全国各地で使用中止要請が出ています。どうしても必要と言う事であれば、議員や市長の住宅のそばに設置してもらいましょう。

当たり前の事でしょう。(# ゚Д゚)

やはりこれも業者に儲けさてやり、市長にも多大なメリットがあるから強行するのでしょう。それに、多くの市議会議員もおこぼれに与っていると言われ、だから賛成していると市民は噂しています。政治を自分の金儲けの手段にするんじゃない。
そしてどなたに恩返しをするつもりですか、木村さん?

騒音、健康被害や悪天候時の役立たずを考えれば、アナログで十分機能しますよ。

6月15日、木村市長と住田副市長の2名の減給案を市議会で可決したそうです。

減給10%、1カ月とするとの事ですが、、、
公約の給与50%カットの時も市議会に条例として提出し、カットを議会で否決させました。

なぜ減給を市議会に懸けなければならないのか、不思議です。
多くの市民が予想した通りの責任の取り方でした。市民の安全を軽く見た責任はもっと重いはずです。

周南市の軽い標語を評語する

周南市では様々な所で「共に」とか「もやい」と言う標語を目にします。

木村市長はこの標語に大変満足しているのでしょう。
ただ深い意味も解らずに使用している様にしか思えません。

これらの言葉の根底には相手を信頼し、それに基づいて行動するという意味が含まれています。

市長には理解できてないでしょうから、教えてあげましょう。

この標語、どなたの思いつきなのでしょう・・・。

市長にとってはこんな事、どうでもいい事ですね。これで金儲けできればいいのでしょうから・・・?

実に金儲けは上手!!お見事!!と市民は噂していますよ。

ああ・・・情けない。

市民も早く気づかないと、周南市は借金地獄で財政管理団体に陥りますよ。