周南市の改善提案一覧

しゅうニャン市の欺瞞

 


いつの間にか周南市は“人がネコになれるまち”の宣言をしたようです。

最初は昨年のエイプリールフール、市長の冗談かと思っていましたが、一部の猫を飼っている人達にうけた事に気を良くしたのかしゅうニャン市を喧伝しようとしています。まるでネコオタクで幼児の様な発想です。このことが悪いとケチをつけるつもりは毛頭ありませんが、今、周南市の動物愛護の状況をみますと、とても胸を張ってしゅうニャン市と言えたものではありません。実際に木村市長が行っている事は、遺棄するな、給餌はするなと言っているだけです。

新周南市役所の建築現場の囲いには、しゅうニャン市と大きく描かれています。


山口県で殺処分されている動物の6割が周南市で、突出しています。
しかも、動物愛護団体が反対している残虐な方法で殺処分しています。野犬はなかなか捕獲が難しいのですが野良猫は簡単に捕まえることが出来ます。そのためか、周南市の様々な地域で野良猫がどんどんいなくなりました。一見良い事のようにみえますが、捕獲された動物の処分方法は残酷なものです。

最近多くの自治体では地域猫という考え方が定着しはじめ、捕獲した猫に自治体が補助金を出して避妊手術を施し、また元の地域に戻すという事が行われております。

周南市どうでしょうか?しゅうニャン市とはネコが多いまちと言っているのではなく「ネコのように自由にのびのびと居心地よく暮らせるまち」と説明しているようです。詭弁です。

しかし上記の様な施策が伴っていません。口では「ネコのように・・・・」と言いながら自分の飼いネコだけを大切にし満足しているように思えます。工事現場の壁に描かれたものを見ると、浅知恵が透けて見えとても嫌な感じを受けるのは当然でしょう。ネコが多いまちと言っているのではないとは何と浅はかな言い訳でしょう。本質は何か考えられないのでしょうか。


全国的にも○○ニャン市と名乗る自治体は数多くあります。
しゅうニャン市と名乗るからには他市に勝り、誇れる内容の行動を取ってほしいものです。

野良猫や野良犬の生存期間は5年くらいだそうですから、地域猫も10年もすればいなくなります。
一番重要な事は、住民に対する啓蒙活動です。安易に動物を遺棄し、身勝手に繁殖させ、給餌をむやみに禁止する事は、動物愛護法に違反し罰せられる事を行政は市民に知らせる義務があります。今のままでは周南市長は動物愛護法違反で罰せられます
自分が飼っている動物だけが幸せであればよいという身勝手な考えは棄て、動物と共生する社会を目指さなければなりません。愛猫家を自認する木村市長、自己愛だけで動物愛護者と勘違いしているようでは猫を飼う資格はありません。

東京オリンピックを控え政府も国民と一丸となって殺処分ゼロを目指している時に、今の周南市の動物愛護の状況は最低です。
この様な視点が周南市長には全く欠けている事を指摘し、猛省を促したい。
箱物をどんどん造るのを止め、少しは動物愛護法を勉強しましょう。

動物愛護は箱もの行政よりうまみがないとでも?一度禁断の木の実を食べた人に忠告しても無駄かもしれませんが、それでもなお私たちは訴え続けなければなりません。全てにおいて”沈黙することは彼らにとって好都合”であることを肝に銘じましょう。
”儲けさせてやるから黙って言う事を聞け”と、市長は箱もの行政に邁進しているように思えてなりません。

市民も自分たちの将来、まちの将来を考え、しっかり注視し、発言していかなければなりません。
動物愛護の表面つらを飾るだけでなく、中身を充実させなければなりません。

これじゃ、ただ単なるネコオタクじゃありませんか。


こんな基本的なことすら出来ない木村市長の周南市に未来はありません。

一日も早い教養のある市長の登場が待たれます。


何も考えなくなった市民たちへ

先日、月刊言挙げ6号を発刊した所、概ね、言挙げの記事を見て初めて道の駅の問題点について知ることができたと感想を寄せる方が多かったのには感激しました。これからも周南市の事を自分たち市民に知らせて欲しいと嬉しい応援をいただきました。

しかし、これ以上周南市をひっかきまわすな、静かにしておけと言う方も少数おられました。この方々こそ何も考える事無く、上司、会社の社長、権力者などのいう事に盲従する生き物なのでしょう。ある面、その人にとっては非常に楽な生き方なのでしょう。

しかし、空しくありませんか。


人間は考える葦であると言った思想家もいました。
だからこそ、人間は尊いのです。

今、全世界を見回しても北朝鮮を除いてはこんな考え方は通用しません。
少なくとも私たちは民主主義国家で生活をしているのです。その意味をもっと深く考えてほしいものです。民主主義は鍛えなければすぐに衰えてしまいます

先日亡くなられた武野武治さんも言っている様に、最後まで私達市民は声を挙げ続けなければ、先の大戦の教訓を忘れ、暗い時代に逆戻りしてしまいます。
もうすでに、その兆候が表れていますと警告していました。
静かに押し黙っている事は権力者にとっては好都合なのです。


ところで私たちは議員さんをたいそう偉い方々と思い込んではいませんか。

私たち市民が彼らを選び、私たちの税金で働かせている人達なのです。市民も議員もなにか勘違いをしている様に思えてしょうがありません。このような風潮は私たちに大きな責任があります。

マスコミで連日報道されている様に、今の議員さん達の劣化は目を覆うばかりです。まさにサラリーマン化した議員ばかりで、リーダーのいう事に全く異論を唱えません。

抜け穴だらけの法に触れなければ何をしても許されるとうそぶくのではなく、議員さん達には一般国民より高い倫理観を持って行動してもらいたいものです。お金を掠め取るために政治家になったのではと思われますよ。

大勢のSPを引き連れ、俺は特別な人物なのだと言わんばかりの方もいます。
笑止千万な振る舞いです。誰のおかげで議員になれたのか考えてみてはどうでしょうか。
衆人に劣り、賤しき極みであることを自覚し、反省してほしいものです

また、こんな人の尻馬にのり威張り散らしている輩も笑いものです。
国会議事堂を案内してもらった、集会で口をきいてもらった、等などで訳も判らずに恩義を感じていては、何か悲しくはありませんか。


政治は世の中を良くする、幸せにするためにあるのですよ。
子供や孫の未来を潰さないよう、も少し自分の頭で考え行動しようではありませんか。

マスコミや権力者のいう事に騙されないよう十分注意しましょう。


道の駅ソレーネ周南 その後のオソマツ

なんとも、周南市の道の駅については破廉恥な結果が用意されていようとは
道の駅関係者はもとより、多くの市民は呆れるどころか、怒りさえ感じています。


破廉恥な結果とは7月30日、周南ツーリズム協議会を辞めたと公言した駅長

江本伸二は事もあろうに、7月1日に埼玉県桶川市職員として入庁していた事がバレてしまったことです。本人が退任のご挨拶として道の駅職員の出入り口に平成28年7月30日を持って退職した旨の張り紙を張っていました。

それにも関わらず、市議会では、執行部は知らなかったと言い張りました。

市に責任がある事は当然として、江本が周南市と桶川市の両方に在籍し、両市から給料を得ていた事が大問題で、犯罪に当たると考えるのは法律の素人でも解る事です。


駅長を採用し、任命したのはツーリズム協議会だと市側は強弁していますが、道の駅建設の経緯から考えれば、市と流通研究所、江本の3者が設立協議会の段階から「駅長は江本」と決定していた形跡があり(全国公募と言いつつも)、ツーリズム協議会の定款作成にもこの3者が深く関与していた事は十分推察できる。

市は今回の事には全く関与していないかの如く説明し逃げ腰であるが、どうして、自分達に降りかかる火の粉を必死になって打ち払おうとするのでしょう。

現市長は7月議会で道の駅は順調に経営している(後に経営が順調と言った事は無いと何時ものように虚言を繰り返している)と公言したはずです。

これから必要な事は、早急に理事会・社員総会を開き現状報告と“専門家による調査委員会”の立ち上げを行い、再建策を早急にまとめる事です。

直近の理事会では江本の処分を決定出来ないまま、西京銀行から無担保・無保証で2000万円を借り入れ再建費用に充てると決まったそうです。(こういう事が出来るのですね。羨ましい。)この金額で再建できるかどうか?とても無理ではないでしょうか。最初に市が約束したと言われる8000万円は必要でしょう。もう一つ解せない事があります。それは新南陽商工会議所が道の駅と言う収益事業に口をはさんでいる事です。誰の指図かは推測出来ますが・・・。

それから重要な事は、経理のミスを発見出来なかった前監査の責任でしょう。
定年退職を理由にさっさと責任を放棄し、山口銀行の関連会社に天下りし社長におさまっています。どこかの自治体の様子と酷似していますね。

お上も下も本当に腐りきっており、このまちはどうなっていくのでしょうか、呆れるばかりです。

江本やその関係者の行状、市やツーリズム協議会の責任、再建対策などを市民や納入業者などに知らせ、信用を取り戻す事が重要です。


市民の皆さん、19億円もの税金をつぎ込んだ施設が赤字に転じた事の意味を十分、市に説明を求め理解しよう。執行部や議会の思い通りにさせていては将来に禍根を残しますよ。

知らなかったでは済みません。

今まで、総てこの調子で周南市民は騙されてきたのですから。

いい加減、目を覚ましてもいい時期ではないでしょうか。

良い思いをするのは何時も、一部の人達だけですから。