市民はもっと考えよう一覧

間接民主主義は機能しているか? 崩壊しているのか?


国も地方も議会の国民・住民を蔑ろにした政治がまかり通っている事に、憤りを感じているのは私一人でしょうか。

議員の生活状況の変化

議員達の多くは、選挙の時だけ、選挙民に心地よく聞こえる嘘を平気で喋ります。

当選してしまえば、選挙公約なんて知った事ではありません。自分の生活を良くする事に精を出します。

議員達が家を新築したり、高級車を乗り回したり等 ” 生活の様子が変わったら要注意 ” です。議員達はその気になれば議員給与以外に金目になる事がそこら中に転がっているのを熟知していますからね。


議員の資質

今の議員達の資質を見ますと、あまりの ” 勉強不足、倫理観の欠如、教養のなさ ” 等を指摘されても致し方ない一部の方たちに失望させられます。

こういう人に限って、執行部におもねたり、発言者の言葉尻を捉えて議会の進行を止めたり、権力者の言いなりになり、そのため様々な策動を企てたり、市民の代弁者たる責務を放棄している姿をむき出しにし、ヤジを飛ばす事に議員としての生きがいを感じているようです。

市議会会派は全く持って不必要
一人一人が議会で質問し市民に対しての責務を果たす必要があります。

そうしないと、何年間も質問しない議員が出たり、会派のなかで力のある議員のための意見になってしまいます。それで給与を貰っては納得がいきません。

市民は自分達の選んだ議員の活動を期待している訳ですから、十分時間を費やしてでも質疑を尽くすべきです。
決して政治屋達の代弁者になってはいけません
間接民主主義は崩壊
に向かってしまいます。

下品な例
住民の署名をごみ箱に捨てた ” ごみ箱議員 ”議会は執行部の従属物であるかの如く ” 市長の秘書と住民の前で発言した市議会議長 ” 等など枚挙に暇ありませんが・・・

おいしい、甘い蜜に群がる議員の多い事には落胆します。” 政治で金儲け ” とは情けない。そういえば ”「私にも生活がある」と言った議員 ” も居ましたね。

市民の現在、未来を食い物にする事は決して許されない!!

解決方法
こんな議員達にしたのは市民の責任です。
市民がしっかりしなければまず困難です!!
議員を職業とさせない。任期は誠実に勤めれば三期まで。議員活動を時間給にする。夜間審議は当たり前。
今後、少子高齢化が更に進行する時代に備え、誰でも一定の条件をクリアすれば議員になれる制度創りを真剣に考える。

あまりにも国民を蔑ろにした政治が日本全国の多くの自治体にまで蔓延っているのは・・・。驚いたり、悲嘆にくれたりするだけでは、状況は何も変わりません。

大切な事は私達市民が政治に積極的に参加し、議員を注視し、市民の利益にならない事柄について私達は積極的に発言しなければなりません。マスコミも、公平に議会や議員の言動を市民に知らせる義務があります。

政治屋に飼われてはなりません

周南市議会の会派相克を利用したい人の野望

” 木村市政 ” を自由に動かしていたのが、

” 青木・住田副市長と市議会 ”。それを操っていたのが 岡田幹矢。その上に立っていたのが 高村正彦


” 高村正彦 ” は議員バッチを外した事で、影響力は無くなり、そのうえ官製談合事件で木村市政のメッキがはげ、” 岡田 ” は苦境に立ち、最後の賭けが今回の市長選であった。

市長選で木村は藤井律子に一万票の差をつけられ落選。” 岡田 ” の最後の手段は市議会を牛耳ること。何としても市議会で副市長人事提案を反故にし、藤井律子では市長は務まらない事にする。


問題は市議会だが、

かっては兼重以下10人いた新誠会が牛耳っていた。

その新誠会も会派再編成により、兼重一派は自民党周南として兼重米沢田村勇一福田吏江子四人
会派として旧参輝会を中心に六合会として福田文治福田健吾(旧新誠会)、青木長嶺藤井佐々木六人
アクティブ岩田(無所属あるいは六合会に入会したという説もある)、井本山本、それに新誠会から入会した清水土屋五人
自民党嚆矢会古谷友田尾崎吉安四人
刷新クラブ小林田中田村隆嘉得重四人
公明党三人無所属島津一人計27人。(共産党3人は除く)

議長を除くと過半数は14人。


現在の状況は、
反藤井派兼重米沢田村(自民党周南)三人。田中田村小林得重(刷新クラブ)四人。アクティブの岩田土屋井本清水山本の五人。それに六合会から藤井一人の計13人
藤井派福田文治福田健吾青木長嶺佐々木(六合会)の五人。古谷友田尾崎吉安(自民党嚆矢会)の四人。無所属の島津一人。十人。それに公明党は是々非々としているが、最終的に藤井で三人。計13人と拮抗している。福田吏江子は態度を鮮明にしていない。

そこで ” 兼重 ” は、かっての同僚(新誠会)だった福田健吾や公明党。それに福田吏江子あたりに「島津に騙されるな」、「島津に利用されるな」等 吹聴。票集めにやっきとなっている。

” 岡田 ” は「島津はゾンビ」、「島津に一泡吹かせるどころか、立ち上がれないようにする」と何としても市議会を思うままにしたい。

だが、ここに来て、刷新クラブの得重は、小林は兼重と二人三脚で木村を応援。だが、小林の「市長の秘書」発言で反発。またアクティブの井本は木村市政に批判的であったので、兼重の行動に反発しているという。

市議会議員は一年後の市議会選挙もあるので、各派一枚岩ではないという。福田吏江子、得重、井本、それに岩田も息子が市役所の職員でもあるので、現政権に歯向かう事はしないだろう。


いずれにしろ一票が勝敗を左右する。

フリーライター 周南太郎


小林周南市議会議長の「木村市長の秘書」発言は・・・? 当然辞任に値する!!

出口調査で焦り?

周南市長選後半、期日前投票の出口調査で藤井律子氏の優勢が巷に噂されるようになり、木村陣営は焦り、なりふりかまわずか、ある集会で、事もあろうに、

木村氏を支援していた ” 小林 周南市議会議長 ”私は 木村市長の秘書ですと言い放ったそうです。

聞いた人達は大変驚き、耳を疑ったそうです。この 小林議長の発言は 辞任に値する と世間ではもっぱらです。

何処の市議会議長が、この様な非常識な発言をしますか?世界広しと言えども、独裁国家を除いてありえない 出来事でしょう。


問題の根源は?

市議会議員、ましてや市議会議長が「市長の秘書」であると公言 したら、彼らを選んだ市民はどう思いますか。議会と執行部の関係はどうなりますか。間接民主主義の崩壊 です。

どうしてこの異常な発言を議会は問題にしないのか?

小林氏に限った事ではないと思いたいのですが、今の市議会のありようを変えていかなければなりません。「自分は市長の僕だ」と公言した事は市議会として許してはならない事です。

小林氏は市議会を自分達の思い通りに動かせ、市民に影響力があると錯覚していたのでは・・・?

本当に民主主義を理解し、地方自治に関わってきた方なのでしょうか。

市議会はどう対応する?
常識的に考えても、周南市議会がこの様な不始末を不問に付すとは考えられません

こう言った事を問題視ししないのであれば、自ら民主主義を放棄した事になり、選挙制度自体の存続にもかかわります

私達市民は、今後こう言った非常識な行為が繰り返されないよう、市議会の有り様を注視して行かなければなりません。