市民はもっと考えよう一覧

周南市の私物化【投稿記事】

※ 木村市政では官製談合に終わりはない。
木村市長の盟友である福谷徳三郎被告は公判で2014年退職し故人(不審死)となった、当時、建設部長の吉木氏と接触していたと証言。この頃から官製談合が行われていた事を認めたのだが、木村市長は「事実確認が取れない」として入札の調査はしないと断言

それでいて「原因の究明と再発防止に取り組む」と。いい加減にしてほしい。「原因の究明」と豪語するなら、徹底的に吉木時代を調査すべきである。つまり、今までのように、このままウヤムヤにするのが、木村市長の手法だからだ。

12月に行われた2000万円の工事だが、この工事を落札したのは、” 東亜幸業 ” 。この会社の社長は福谷徳三郎の実弟で、福谷一族の会社である。福谷産業は2年間の指名停止を受けたが、少なくとも福谷に関係ある会社は福谷徳三郎の判決が出るまで、発注者、受注者とも自粛すべき。世間の常識である。

驚いたのは、この事件を「ピンチをチャンス」と逆手にとっているのである。何をかいわんや ” マッチ・ポンプ ” ではないか。

市民は、このような手法で何度も騙された事か。これでは汚職体質に終止符を打てないことは明々白々である。

※ 木村市長の周南市私物化。
4年前の市長選での、市役所の組織選挙である。市役所の幹部職員全員に、直接電話で木村市長に投票するよう命令。毎朝の朝礼や会合で相手方の島津候補の悪徳ぶりのデマを吹聴。このような組織ぐるみの選挙。

間違ってはいけない。木村市長が市職員に給料を払っているのではない。木村市長をはじめ、市職員の給料は ” 市民の税金 ” である。市職員は ” 公僕 ” である。つまり市民に奉仕するのであり、木村市長に奉仕するのは本末転倒である。このような行動は二度と起こしてはならない。自分の遺志で ” 清き一票 ” を投ずるべきである。

さらに、木村市長の職員採用である。ここ4~5年で職員らの子供が 5名以上採用されているが、総じて旧新南陽職員の子供、ちなみに官製談合で逮捕された國澤容疑者の子供もそうである。木村市長をガードする旧新南陽の管理職の子供たちである。

自分にプラスになる事なら ” 周南市政治倫理条例 ” を破る事など屁の河童 なのだろう。

これ以上、木村市長の ” 私物化 ” を許してはならない。

※ 駅前開発は ” 権益者 ” のためではない。

木村市長は市長選の公約に「徳山駅前開発計画」を打ち出すだろう。前回、前々回と違い、この公約は実行するだろう。

駅前開発に向け、施設建設土地の所有、借り上げ、ホテル・ホールの運営、駐車場の運営・管理を目的とした「株式会社 周南パークタウン開発」が平成30年12月7日に設立。資本金1千万円。株主出資者は「徳山ビルサービス」「遠石会館」「徳機」「徳山海陸運送」「サマンサジャパン」「松下」「オーパス」「新南陽商工会議所」「徳山商工会議所」の9社。

ここからは憶測になるが、当初は出資者は 10社で、一社100万円。資本金1000万円だったが、官製談合事件で、「福谷産業」が抜けたのではなかろうか。

ここにも、木村市長と福谷徳三郎の関係が垣間見える。再開発の対象になっている南銀座の元近鉄松下百貨店に隣接する駐車場は木村市長の名義で、有限会社「モック」が管理。この会社の代表が木村市長夫人である。問題は「モック」を通じて福谷徳三郎が代表の「有限会社 福谷興産」で年間60万円から選挙時には190万円の地代を払っているのである。

おそらく「周南パークタウン開発」のメインはホテル建設で、そうなれば木村市長所有の駐車場はホテル専用の駐車場になるのではないか。そうなれば安定した収入が入る仕組み。これって ” 下衆の勘繰り ” だろうか。

いずれにしろ駅前開発には、周南市が市民の税金から 15億円投入する予定になっており、一部の権益者だけが潤う事になるのではないか。

確かに、駅前再開発は必要であるが、市民のためであり、それには公明、公正、公平に 進めなければならない。

※ 道楽とはオサラバ。市民目線の行政を。

「ふるさと共生」5千万円の予算をかけ進めたが、その結果は・・・?何もない。

「周にゃん市」のキャンペーンに2千万円。このような木村市長の道楽に市民の税金を使って欲しくない。このような周南市になっているのも、市民の責任である。

四月の市長選では、木村市政をよく検証し、清き一票を・・・。

フリーライター 周南太郎


選挙が近づくと・・・またぞろ選挙屋達が暗躍・・・

前回、周南市の二大嘘つきの話題を提供しましたが、
今日、またある候補のデマを流そうと企んでいる輩が出てきました。どうも・・・らしいぞ ??? だって・・・。いい加減にしろ!!
よほど当選させたい都合の良い候補 がいるのでしょう。
こんな候補、どうせろくな仕事は出来ません。
デマゴーグ 達 にとってだけ都合の良い人 だからです。
そう言っている彼らこそ、・・・の問題で困っているのでは?火の粉はすぐに自分に降りかかっていますよ。「自分自身の事、経験談」だと、皆に疑われていますよ。
後援会はいつでも 名誉棄損で訴える用意は出来ているようです。

まあ、こう言ったやり方は 政権政党の得意技
ハコモノ建設、基地問題、原発建設 等 で、 争い事を起こし、今まで平穏に暮らしてきた地域住民を二分させ、目的を完遂してきた政党のやり方 です。

いい加減、日本国民は気付かなくてはなりません。

官製談合なんて決してなくなりません。地方の主権なんて夢のまた夢。地方こそ大事にしてくれ!!

こういった事で 得するのはごく一部の人達 です。政権に懐柔された一部の地域住民は、何か自分もうまい汁を吸えたと 錯覚 しているに過ぎません。

日本国民は、将来を安心して暮らせる国・地方創りに、今こそ一致団結し、 舵を切り直さなければなりません。
そのためにも、地方自治体の安定を図らなければなりません。

悪の枢軸(一部の議員、政治屋等)を排除し、住民のための良い市政 が行われる街づくりに邁進しましょう。そうでないと本当に自治体は消滅してしまいます。


デマには十分注意し、その裏に 何があるのか を考えなければなりません。
私達の未来のために、賢い選択をしましょう!!

木村市長、よく会えましたね!!

” おめでとうございます ”
平成30年7月の西日本豪雨災害で、人命救助活動などの素晴らしい活動が評価され周南市消防団が平成31年2月10日東京で表彰された。

平成31年2月13日、消防団長ら6名が市役所で木村市長に受賞の報告をしたそうです。消防団の必死の救助活動は大変、被災住民の心を打ち、周南市民の信頼を揺るぎないものにしました。


木村市長と言えば、
災害対策本部すら立ち上げず、死亡者が出た当日は音楽会鑑賞をしていて、市民のひんしゅくを買った。
もうお忘れなのですか?

どの面提げて平然と面会出来たのでしょう。普通の神経では、恥ずかしくていたたまれないです。さすが、尋常ではないですね。

この面会自体、酷いジョークですね。

こんな方が、平気で市長の座に居座っている周南市は何といってよいのか、言葉を失ってしまいます。