コンビナートで栄えた町の終焉は近い?

真夏の寝苦しい暑い夜、とても奇妙な夢を見ました。

それは、私の深層の記憶に根ざした町の出来事のようでした。

その町は、瀬戸内海に面した一昔前はとても活力のあるコンビナートの町で、工員の多くは地元採用で、農家の次男三男などが多く、明るい未来に希望を膨らませている彼らの様子が垣間見てとれます。

町の商店街は休日には多くの人でごった返し、肩がぶつかり合うほどで、それは賑やかな町の様です。地方の町には珍しく百貨店があり、屋上の遊園地では子供たちの歓声がこだましています。

近隣の町には白砂青松で有名な海岸、緑濃い山や農村が広がり、とても自然に恵まれた特異な地域の様です。

心地よい夢もここで一転します。

空を見上げて騒いでいる人達、また、地面の先を指さしこそこそ噂話をしている人達のシーンに夢は突然変わります。

彼らの指さしている先の空には、頭が人の顔をした“賂(まいない)鳥”、地にはカタツムリの姿をした“賂潰れ”が、わいろを求め、高く低く飛びまわり、地べたを這いずり回って市役所のお金を食べようとしている様です。その数たるや大変なもので、これらの化け物にも序列があるようで、大きく太っているのから小物まで様々です。中には顔に見覚えのある首長をはじめ、議員や政治屋が何人もハッキリと思い出せます。そう言えば、悪人ズラをした国会議員の顔もありましたね。
兎に角、市民が声を挙げないのをいい事に、首長は箱物建設に血道を開け、せっせ、せっせと町の借金を増やし将来的には何処かの政治屋に町の財産を安く売り飛ばそうと企んでいるのだという声が何処からともなく聞こえてきます。
お金大好きの首長だけに、賂の取り方は長けているようで尻尾は出さないのだと言う事です。そして、ある銀行の預金通帳をニヤニヤしながら顔を揺らしている様子が現れます。

大変な事じゃ!!
早く町の人にこの事を知らせなければと思ったところで、目が覚めてしまいました。

目覚めて考えました。まさに正夢・・・。

駅前のシャッター通り、居酒屋に占領された町。早く町の人は目を覚まさないと財政管理団体にこの町が陥るのも時間の問題でしょう。

若者の政治への無関心、その結果として政治離れが一層助長され、最後に貧乏くじを引くのは彼ら自身だという事をなぜ考えないのでしょう。もう遅いかも知れませんが、今が最後のチャンスです。

今では地元に住んでいる若い人達には想像もできないでしょうが、昔、この町は明るく希望に溢れた所だったのですよ。だからこそ、街の真ん中に新幹線駅が出来たのも頷けるでしょう。

しかし、こんな凋落ぶり、誰が想像できたでしょうか。

全ての責任は行政にあるのです。リーダーの無能さに早く気づけばよかったのに・・・。

周南市防災行政無線の施工遅延責任の所在は?

ビーム計画設計株式会社

本社所在地:岐阜県加納栄町7-30
(平成23年に現在地に移動。それまでの本社所在地不明)

昭和58年11月:設立
平成16年4月:資本金2600万円に増資

社長:久保正美
支店:東京、大阪、仙台、金沢、広島、福岡
事業内容:① 防災行政無線管理・計画・調査、② 消防システムの管理・計画・調査

事業①②で全国の市町村から受注。①では20か所以上。②も周南市を含めて20か所以上各地に支所を設けている。つまり下請けにやらせているからだろう。売り上げについては、全く分からず。取引銀行は十六銀行、大垣銀行、岐阜信用金庫。


平成29年7月19日午前8時58分
防災危機管理課 川崎課長に電話取材(0834-22-8208)

「ビーム計画設計の件ですが、防災行政無線工事からビーム社は指名停止になったという事ですが・・・」
「はい、7月4日付けで、ビーム社に対し指名停止を発令しました」

「昨年12月の段階で、調査不足ということから再調査を、この再調査にビーム社も参加していたのに、なぜ、ここで指名停止に」
「原因がビーム社の ”瑕疵(かし)” によることが判明したからです」

「なにが・・・」
「無線LANによる問題が生じたからです」

「工事遅延がビーム社にあるということは、当然、ビーム社に損害賠償を・・・」
「工事が5ヵ月遅れた原因はビーム社によるものですから、当然 損害賠償を請求いたします」

「話によると損害賠償金は5000万円になるとか・・・」
「どこから5000万円という金額が・・・」

「違うのですか」
「金額はまだ決定していません。未定ということです」

「未定ということは・・・」
「中味が確定していないという事です」

「その中味とは・・・」
「5ヵ月遅れたことで、施工者のパナソニック、德機電設が損害(経費など)が発生しています。この損害額の内容が確定していませんので」

「いつ頃ですか・・・」
「いま内容を精査しているところで・・・。確定すれば、5ヵ月延長による損害金をビーム社に請求いたします」


平成29年7月19日午後6時9分
ビーム計画設計 久保正美社長に電話取材(058-271-9111)

「周南市の方から、ビーム社に対し防災無線工事から指名停止を受けたということですが」
「はい、真摯に受け止めています」

「周南市の方は、ビーム社に対し、5ヵ月工事が遅れた責任に対し、損害賠償金を請求するという事ですが」
「まだ市の方から、その件に対して何の話もありませんので・・・」

「市から連絡がないということですが、すでに話題になっているので、それなりの事は」
「分からないのです。情報不足というか」

久保社長は、この件について何にも把握していないようだ。下請けに任せていたからだろう。

「そもそも、この問題の原因は、スタート段階での調査不足によるもので、スタートではビーム社の設計ミスが」
「スタートは、ビーム社、山口大学の松野教授、市の関係者によってです」

「最初は・・・」
「そうです」

「周南市では、本工事に対し、ビーム社が設計された(委託期間:平成26年7月~平成28年3月31日、委託額:2167万円)調査、計算図面、積算で工事請負契約が成立したと言っています。つまり支払われたと!?」
「はい。ただこの件について、こちらでも調査しなくては・・・」

「いずれにしろ、市の方は損害賠償金をビーム社に請求するといっています。その額も5000万円と」
「・・・・・・・」

「どうなんでしょう」
「賠償金によっては精査して答えを出すつもりです」

「この件で德機電設が、なにかからんでいると思いませんか」
「なんとも申し上げられません」


フリーランサー 周南太郎


「しゅうニャン市」プロジェクト予算に対する住民監査請求の提出

平成29年7月26日
前市議会議員 西田宏三さんが

しゅうニャン市予算 に対し、以下の3点について 監査請求 を行った。

① なぜ随意契約でなされた決定金額(約2500万円)の詳細を明らかにすること。

随意契約と言う事だが、業者と行政側との見積もり合わせはしたのか。
積算根拠を示すように。
この金額は誰が決定したのか。時系列で示すように。

② 契約した会社名を詳しく明らかにすること。

会社名・代表者名・設立日・資本金・社員数・業績も明らかにすること。

③ 随意契約でなされた事は公費投入という点からも、より慎重な対応が必要であり、納得できない。明確な説明を求めると共にこの金額の全額の返還を木村市長に求める。

以上の事を[ 監査委員事務局中村研二 監査委員 ]に 住民監査請求書 を手渡した。


当然のことで、

筆者である兎馬も以前指摘したように 木村市長と業者の親密な関係 があるにもかかわらず、なぜ随意契約でまかり通ったのか明らかにしてもらいたい。

約2500万円という公金の不透明な流れを解明する必要がある。

木村市政になり様々なプロジェクトが随意契約で行われている事に注目しなければならない。しゅうニャン市プロジェクトもこれらの一例に過ぎないと言われている。

新聞やテレビで衆目を集めたからには、よもや、監査委員会は請求を拒否するなどあってはならない。住民の権利なのだから。