しゅうニャン市、ネコ達のウワサ話

木村市長のエイプリールフールの思いつきが高じて、周南市の地元は言わずもがな全国的にも笑いものになっています。

理由は、 ”動物愛護を謳っているのではない” と明言しているからです。

このまちでは私達 ”ネコのように自由に生きられる” とも言っているようです。
私達ネコだって自由ではありません。

「自由」と言う言葉はカッコよいとでも思っているのでしょうか。

とんでもない事で、自由にはそれにふさわしい秩序が必要なのです。ある程度の規制は、自由を良くするために必要なのです。勝手気ままではありません。

こんなことも判らず、ただのゴロ合わせ、浅い知識で市民を納得させようとでも思っているとしたら唯の大馬鹿モノでしょう。


本当はこんな事、市長にとってはどうでもいい事ですよね。

しゅうニャン市で金儲けできればいい事でしょうね。そのためのG&Cコンサルタンツの設立だと噂されています。 現在までに市が、G&Cコンサルタンツに三千万円以上を放り込みました。

これから毎年払い込む予定だと聞いています。
これだけのお金があれば何匹の猫たちが救えるでしょうか。

しゅうニャン市に拘る理由は唯一つ、自身の金儲けだと、、、

私達猫は噂しています、、、。

安倍さん、観念したら!!

今の内閣府の下品さと言ったらありません。

文科省の天下りスキャンダル、森友学園問題、加計学園問題など安倍内閣の政治は一体誰のためのものでしょうか。

全く国民のための政治とは遠くかけ離れ、お友達のために政治を歪めて何とも感じないのでしょう。安倍一強がなせる事に悪乗りし、今のうちにやってしまおうと言う魂胆でしょう。

官僚も政治家も今更ながら、地に落ちたと言われてもしょうがありません。
官僚、国会議員や地方自治体議員の中にも下劣な人達を多くみますが、今や珍しくはありません。どうしてこのような国になったのでしょう。

それは国民の無関心さに原因があります。

一度この国は破滅し、一からやり直す以外、国民のための良い政治を取り戻す方策は無いように思いますが・・・。

今の内閣府、自民党の幹部そして公明党までも、自分達の今を守るため、告発者を陥れようと必死に画策し、悪口・デマを垂れ流しています。正々堂々と証人喚問し、ハッキリさせればよいと思いまが・・・。真実が出ては、とても都合が悪いのでしょう。何とも情けない事です。

一度、権力を味わった人にとって、今の状態のままでいる事は本当に心地よいのでしょう。自分達の事しか考えられなくて、このここちよさを邪魔する奴は、許せないのでしょう。

正しい情報に基づいた告発は、許されますし、国民に周知する義務もあります。

官房長官、、、
もっと国民の方を向いて発言したらどうでしょうか。あなたが前事務次官のスキャンダル(?)を流せば流すほど、前川さんの人格を意図的に貶めようとすればするほど、あなたの品性の卑しさ、佞悪醜穢さが見て取れるのに早く気付く事です。あなたはさぞかし清廉潔白な方なのでしょうね。

多くの国民は賢く、あなたの姑息なストーリーを嘲笑していますよ。事務次官の地位に恋々と居座られて困るのは内閣府の方々ではなかったのではないでしょうか。天下りの全てが明らかになるのは,どうしても阻止しなければならなかったのでは・・・?  事務次官の任命責任はどなたにあるのでしょうか?

これらスキャンダルの本質的問題点を審議せず、意図的(?)に枝葉ばかりに注目していては、全くもって内閣府を助けているようなものです。

今の地位に恋々としがみついているのは、あなた方内閣府の皆さんでしょう。
特にある新聞やマスコミの偏向ぶりはあきれるばかりです。

お抱えの芸人、小説家と思っている輩、評論家と称する馬鹿どもはかなりいい思いをさせてもらっているのでしょうね。恥を知れ。安倍の彼らを使ったイメージづくりに騙されず、日本の将来を見据えた政治を目指す政治家を応援しましょう。日本国は日本国民の物で決して安倍や安倍のお友達、アメリカの物ではありません。

権力は必ず嘘をつく、とはよく言ったものです。
このやり方こそが、、、

戦後70年間自民党が政権を維持できた策謀です。もう日本国民は気づいてもいい頃です。

自分達の権力を強固にするため、派閥の発言力を強くするためだけに政治を利用しょうなんて魂胆は止めよう。でないと、あなたがたのように悪人面になってしまいますよ。

いい加減、安倍さん観念したら・・・。あなたの頭では、まだ、今の状況が理解できないのでしょう。早く議員をおやめなさい。国民のためですよ。

日本国リーダーの思い上がり

今年の憲法記念日に、あろうことか安倍総理は2020年に憲法を改正する旨をビデオメッセージで発信した。

日本国は少なくとも立憲君主国です。安倍さんは何時から専制君主になったのですか。憲法改正か否かを決定するのは国民ですよ。

国会で質問されると私の真意は読売新聞を読んでくれとの事です。

前々から内容の無い空疎な人だとは思っていましたけれど、これほどまでとは・・・。

立憲君主国家とは三権分立を原則とした憲法に従って君主の権力が一定の制約を受ける政治体制と規定されています。
安倍さんは、一強の総裁として、何もかも自分の一存であらゆることが決定出来ると錯覚しているのじゃあないでしょうか。

美辞麗句を並び立て、美しい国へ、自信と誇りの持てる日本へ、一億総活躍社会、政治は国民のものなど等コピーライターに作ってもらった意味不明のキャッチフレーズに陶酔したまま、では、どうしたらいいのか、どうするのか、全く解決方法も示さないまま、国民に目くらましを食らわしています。

しかも恐れ多い事に皇室を軽んじ、自分が専制君主になってしまったと妄想を抱く様になったのでは・・・?と心配しています。一度、専門医の診察を受けたら・・・。

しかも、森友学園の件、加計学園獣医学部の土地問題など様々なスキャンダルを必死に隠蔽しようとし、朝鮮半島危機を殊更に煽って嵐の過ぎ去るのを待っているなんぞは見苦しい。

もしも自分や昭恵夫人の関与があれば議員を辞めると見得をきったのですから、事実が明らかになった暁には、と考えると心中穏やかではないのでしょう。自業自得とは言え、お察し申し上げます。

国会で審議されている事と言えば、アメリカのポチになりきるために日本国民を犠牲にし、官僚と結託し、日夜努力している様にしか見えません。TPPしかりです。最終的には強行採決だ。

国会での審議中の安倍さんの態度と言ったらまったくもってみっともない。総裁としての気品や風格は全くなし。答弁に困ると下世話な反論に終始するなんぞは日本の首相には不適格でしょう。日本国のためにも早く引退し、ゴルフ三昧の生活をされては如何ですか。自民党の良識ある議員さんも、野党の皆さんもしっかりして下さい。

しかし、安倍さんが辞めても今の自民党にはこれはと言う人物は見当たりません。これこそが悲しい事です。でも安倍さんも、・・・さんも必要ありません。
日本国民は、、、

内容が伴わないキャッチコピーに騙されず、も少し自分達の将来を慎重に考え行動しましょう。

こんな安倍政権は早く終わりにしたい。切実なる願いです。
政治は国民の物ですよ。安倍個人の物では決してありません。肝に銘じなさい。