原子力政策を根本から再考せよ

あれほど安価で安全なエネルギーだと謳っていた原子力発電・・・。

日本国民の皆さん、福島原発事故 の後始末、
どうなっているかご存知でしょうか。

加害者である東京電力は、国民の税金を使い、会社が潰れる事もなく、全く他人事のようにいい加減なデータを発表しまくっています。

スリーマイル島やチェルノブイリ原発事故より深刻な事故
と言われているにも拘らず税金をあてに気楽なものです。無駄と思われる除染や地下水の流れを遮る目的で、役にも立たぬ凍土壁を建造するなんて、何を考えているのでしょうか。そして、現実に帰宅可能な地域があんなに許可されていいのでしょうか。

もし、絶対安全というのであれば、県会議員や知事、その地域選出の国会議員に帰宅可能になった場所に住んでもらおうではありませんか。原子力安全委員会のメンバーや大臣の皆さんにも是非、長期間住んでいただきたい。

今でも福島県や関東地方にはホットスポットが各所に存在していると言われていますね。
大地や海を汚染しておいて平気の平左でしょうか。

廃炉の道筋もたたないのに

安倍内閣は停止している原発の再稼働を急いでいます。
誰のために、なぜ急ぐのでしょうか・・・? 変ですね!

ここ数年、原発を稼働しなくても電力は足りていたはずです。

日本国は火山国で地震も多発しています。それなのに、どうして火山列島の上に安全だと嘯いて原子力発電所を造るのでしょうか。福島原発事故の総括も出来ていないのに・・・。

再生可能エネルギーという方法があるのに

日本人は誰かの言いなりになっていると、海外の人達からも嘲笑されていますよ。電力会社は安直に補助金を得られ、経営に貢献するからでしょうか。しかし一旦事故を起こせばどうなるか、経験したはずなのに・・・。経営者たちは本当に日本国籍をお持ちなのでしょうか。いったい誰のために、原発を再稼働や新設をしようとするのでしょうか。不思議な事ですよね。キットどす黒い何かがあるのでしょう。

日本は人口も減少するし、大企業はもうすでに自前のエネルギー源を持っています。いずれ電力は今以上に余るに決まっています。この様になった時、原発をどう始末するのでしょうか。造るだけつくって、あとは野となれ山となれでしょうか。

どうしても “誰かのために原発を” と言うのであれば官僚、国会議員、知事、県議、市町村議員、電力会社の経営者の皆さんには是非、原発の近くに住んでもらいましょう。

解明おぼつかない道の駅ソレーネのスキャンダル 前駅長 江本伸二は?

写真は道の駅ソレーネ周南(建物を背にした駐車場敷地風景)

平成29年6月1日 午前9時10分
桶川市役所職員課に電話取材(048-786-3211)

「江本伸二さんをお願いします。」
「道の駅推進課に回します。」

「推進課の野崎です。」
「江本さん・・・」
「休みをとっております。」

「今日ですか? それとも長期で・・・?」
「・・・・・・・・・」

「ずっと休んでおられるのでしょう。具合でもわるいのでは?」
「分かりませんが、詳しい事は職員課で聞いて下さい。」

というので再び職員課。

「江本に何か・・・」
「江本さん辞めるという話を聞いているのですが、職員課では・・・。すでに辞表を出しているとか。」
「ちょっと待ってください。」

1~2分してから
「個人の話なので、当課としてはお答えできかねますので・・・。それに江本はまだ職員ですので。」


という話なので、
本人に確認するために江本に電話取材

「江本さん辞めるという話が出ていますが?」
「ええ、今月で辞めます。」

「え! なぜ」
「もう私の仕事は終わりましたので、それだけです。」

「次の道の駅に・・・」
「もうこの仕事は嫌です。というよりお断りします。」

「という事は、流通研との関係は?」
「はっきり言いますが、私は流通研とはいっさい関係ありませんから。」

後日逢う事で電話をきる。


確認のため
北村議員に電話取材

「江本本人が今月辞めると、今電話取材で確認とったが」
「本人がですか。6月15日で辞めますよ。なぜ6月15日かというと、有給休暇の関係があるらしいです。なぜ有給休暇を・・・と問いただしたところ “もう係わりたくないので” と経理は言ってました。」

とのこと。


平成29年6月1日13時30分
周南ツーリズム協議会に電話取材(0834-83-3303)

「藤井理事長 お願いします。」
「藤井は非常勤ですので、いつ来るか分かりません。末松が対応します。」

「末松ですが、ご用件は。」
「江本氏の事で。」
「それなら、新南陽商工会議所の笹木が対応しますので、そちらに電話してください。」


新南陽商工会議所に電話取材(0834-63-3315)

「いま電話が入りましたので」女性事務員の返答に、おそらく末松の方から電話があったのだろう。

逃げられないために、
「電話が終わるまで待っています。」と受話器を持ったまま2~3分待つ。
「笹木ですが。」

「江本氏の話ですが、実は健康保険証の喪失届けですが。6月30日付けで桶川市役所の方に出しているのですが。届出人は周南ツーリズム協議会藤井理事長。しかも代表印も押してあるのです。これが本物ならツーリズム協議会は 江本が6月30日に退職したと分かっていたということになりますが」
「その件につきましては」

「その件という返事ですが、この話は知っているのですね。」
「その件というのではなく、そのお話につきましては確認していないので・・・。その喪失届の実物はお持ちなのですか。」

「いや、実物は持っていませんが、ツーリズム協議会として喪失届は出していないということですか。」
「そうです。」

「ということは、江本氏が偽造したと・・・。」
「その可能性はありますが。」

「それでは、江本氏の健康保険証はどうなったのですか。」
「8月22日、江本が退職したということで、年金事務所に喪失願いを提出しました。」

「はっきりしないが、また取材しますので。」
「申し訳ありません。満足にお答えできなくて。」


江本氏に確認のため会う

江本は開口一番、「周南太郎さんはひどい。」といろいろ言ってきたが、その件は割愛する。

「江本さんに周南市からヒアリングありましたか。」
「まったく無いですよ。なぜ周南市は私に、その理由はなにか聞きたいです。」

「以前取材した時に、健康保険証等は6月30日に協議会の方に戻した。と言われましたが・・・。」
「はい、協議会の方に戻しました。」

「それが、協議会の藤井理事長の名で桶川市役所の方に喪失届が・・・。ご存知ですか。」
「いや、知りません。」

「でもね、代表印まで押されているのですよ。」
「見せて下さい。」

「現物は今持っていないが。」
「当時、現場の人間が実印を押したりしていましたから。」

「という事は、その喪失届は協議会が出した と」
「そうですね。」

「それと8月10日に給料をもらいましたか。これは交通費と有給休暇分だと・・・。」
「その通りです。ところが協議会の方で給料というなら、返金するといったのです。そうなれば、私としては退職金をもらわなくては、と思っていましたが。協議会の方が給料として処理したのでしょう。」

「なら返金したのですか。」
「なにも言ってこないので・・・。」

「今後は?」
「アルバイトしたり・・・。もう浪人ですからね。もう放っといてください。」


フリーランサー 周南太郎


大丈夫???周南市の防災行政無線

平成29年5月29日 午前9時5分
中国総合通信局に電話取材(082-222-3023)

「周南市の防災行政無線について・・・」
「その件でしたら直接周南市にきいてください」
と、この件については答えられないとの事。

「それでは一般論として質問しますが、まず申請するにはどういう書類が必要なのですか?」
「いろいろなケースがありますが、登録だけでいい場合もあります。」

「登録だけでいいという事は、免許取得者を必要としなくても・・・」
「そういう事ですが、ただ無線LANの場合、電波の出力、また音量(60ホーン以上)を通すためには事前許可が必要で、その場合、免許者を申請、あるいは予備免許が必要です。」

おそらく周南市の場合、登録だけでスタートし、無線が届かなかったり、無線環境が悪い地点が生じた場合、その度に予備免許を取得したりしたのではないか。


平成29年5月30日 午後3時40分
山口大学理学部長 松野教授(083-933-5700)

「無線LANの研究をなさっておられますが、現在も・・・」
「いま、“ひと休み”ということかな。だが続けますよ。」

「無線LANについて論文はお出しになっているのですか?」
「論文・・・。いろいろ出していますよ。ホームページを見れば分かりますよ。」

「そこでお聞きしたいのですが、周南市の防災行政無線は先生の提案だったのですか?」
「いや、平成26年、この件のプランをつくる時にかかわったのは事実です。」

「先生は国の基準にあてはまることがなかった。これは設計ミスだったが、国の基準に適合する設計にしたので自分の役目は終わったと言ってましたが、そういうことはビーム計画設計に問題があったのでは」
「・・・・・・」

「ビーム計画設計、それに德機電設にも問題が・・・?」
「德機電設は知らなかった。ついこないだ名刺交換をしたばかりですよ。」

「立地条件などに問題が?」
「いや今回は国から出している方針、それに従ってやるので、問題が生じたら国の方針に問題があるということになる。」


フリーランサー 周南太郎