不正の実態を知らない市民

選挙のたびに起こる選挙違反。これを予防・阻止するのが「選挙管理委員会」です。なぜ何度でも選挙違反が起きるのかはあえて触れませんが、立候補すると選挙は”戦い”、だからこそ選挙管理委員会が公平中立である事は当然で、そうでなくてはならないのです。もちろん、大半の人がそう(公平中立)なっていると信じて疑っていないと思います。


ところで、読売新聞 平成28年8月26日の記事ですが、「日本維新の会の片山虎之助参議院議員の個人名票が0(ゼロ)票だった。しかし、”名前を書いて投票した”と言う確実な6名を確認したことから、開票事務に疑念を持ち、日本維新の会が中央選挙管理会を相手取り比例選挙の無効を求める訴訟を東京高裁に起こした」とありました。この事例は、選挙管理委員会管理下の人為的操作があった可能性を示唆しています。


この事例は国政選挙でしたが、地方公共団体の選挙管理委員会に同様の事は発生していないのか? 以下周南市で経験したことを記します。

① 今から2回前の周南市議会議員選挙

立会人からの証言ですが、開票作業の最終盤、立会人達が疲れ切った頃合いを見計らったかのように、100票の束が放り込まれたのを目撃したそうです。開票の流れとしては、端数の票が流れてきて、最終的な票読みが決定する時間帯のはずです。認めの印鑑は私達が押しておきますからと職員から言われたそうです。また最終盤まで確実に優勢だった候補が、夜9時には落選と決った事もありました。

② 前回の周南市議会議員選挙

ある候補には固定票があり、当選は確実と見られていました。しかし、蓋を開けて見ると下位落選で有権者達が驚く事がありました。

他の所でも、世論調査、期日前投票などでは確かに優勢であると言われた候補が落選する事例が以前から見られ、どうなっているのだろうと不思議に思われた方もおられるのではないでしょうか。調べて見ますと、こういった事例は今に始まった事ではなく、今まで多々あり訴訟に発展しています。不正のやり方は様々です。詳しくはネットの「選挙管理委員会の不正」を見ると不正の仕方が良く理解できます。


巷では、”選管を制する者が選挙を制する”と言われています。万が一、不正が行われていたのなら、選挙そのものが無意味となり、選挙制度の根幹にかかわる事と言えます。透明性をもっと高めた選挙管理委員会、市長や市議、あるいは権力者からも中立公平な選挙管理委員会である事を強く希望します。