道の駅に対する質問(3)

埼玉県桶川市役所職員課(048-786-3211)

「江本伸二先生お願いします」
「江本の所に回します」との返答。
これで江本が職員として居る事を確認。

「江本先生はいつから職員になったのですか」
「ちょっと待ってください」
2分ぐらいしてから
「7月1日に入庁しました。何か・・・・」
「いや、江本先生は道の駅に詳しいので、今の部署は」
「道の駅推進課です。道の駅をつくろうと、それに参加しています。」

道の駅推進課に回してもらい
「江本先生をお願いします」
「ただいま外出しております。」
と言う返事なので、再度、電話を入れ、ソレーネ周南について詳しく聞く。

というのも、7月1日には桶川市役所の職員になっているにもかかわらず、ツーリズム協議会ばかりでなく駅長も辞めていない。辞めたのは7月末ということになっている。
なぜか、それは周南市役所は知っているからだ。
知らないとしたら大問題。この裏にあるものをあぶり出すために、江本に連絡する。


西京銀行本店(0834-22-7676)

2000万円の件で頭取に電話を入れると、秘書から「どんな用件ですか」と言うので用件を言うと、しばらく(3分ぐらい)してから営業総括課が出てくるので、再び用件を言うと、3分以上たってから、お客様サービス課(広報を兼ねている)の大久保という男が
「その件は正式にプレスしておりません」
「そんな事はないでしょう。長州新聞に出ているではないですか」
「本当ですか。嘘ではないでしょうね」
「本当です」
「是非、その新聞を・・・」と言うので
「それではコピーして送りましょう」と相手のコピー番号(0834-31-5690)を聞く。

その後、
「長州新聞は売っていますし、コピーしたものが出回っていますよ」
と再度、大久保に連絡する。
「え、コピーに」
「ごらんになってください」
「フリーの方ですね。それで何か記事にするのですか、週刊誌とかに」
「そのために取材しているのです。融資にしろ、貸付は金にしろ、条件がありますからね。それを知りたいのです。」
「・・・・・・・・」 電話を切る。


フリーランサー 周南太郎