周南市の闇

先日、ある公務員の方から投書がありました。
本来、火事を消すべき方々が身内の火災を外部にはわからない様に強権でもって消し押し黙らせようとしている腐った幹部に憤りを感じている方の意見です。


公務員として、周南市消防本部組織としての在り方

この度、周南消防野球部の部費が全額私的流用されました。

周南市より補助金も交付され、OB方の余剰金も一部ある野球部の部費です。
明らかに公金横領ではないでしょうか。たとえ、公金でなくてもいかがなものかと。

野球部臨時総会が開催され、お金に関しては弁済されたので問題なしとの回答がされました。しかし、部費の通帳などの開示や、まともな会計報告、監査などなく曖昧な言葉で「問題にしないでいいよな?」つって強要されました。我々はちゃんと法律の詳しいところに相談をして、上司にきちんと報告をし、判断をもとめたいのですが・・・。

現在の野球部長は立場的に職場ではかなりの上司であるため若手の我々では何も言い返すことができない現状です。その総会では結局、横領したマネージャーの身を守ってやることを考えていかないとの事でした。そんな総会もいかがなものかと。

先月にこの事態が発覚した時には、上層部からも高圧的に「絶対に口外するな、話を他に漏らさないように」とも言われました。上層部からこんなことを言うとはいかがなことでしょうか。非常に残念に思います。

こうしてこれからもずっと隠していかないといけない我々も罪となる事を恐れています。そして、組織的に腐敗している我が職場に愕然としています。

今の組織、上層部に対して不満を思うのです。

世間では些細なことでも公にし、悪い事は悪いで謝罪する。それが公務員としてあたりまえのことではないでしょうか。

そして、そんな罪を犯す職員をこのまま何も処分しないとはどんなものでしょうか。こんな事ではこれから先何でもやりたい放題です。そして色んな事を隠ぺいしていく体制は変わりません。

是非とも、市民にこの件に関して公務員としての正しい判断を求めたい。


益々、周南市の内部腐敗が進行しているのがうかがえます。

トップが箱もの行政に血道をあげて血税を懐にしようとしているのを下の人達も分かって、じゃあ俺たちもという感覚が伝染しているのでしょう。

道の駅の赤字問題新駅ビルの図書館問題新市庁舎建て替え問題等などこの周南市には隠された闇が跋扈しています。
総てこれらに関係した人達(政治屋グループなど)だけが、うまい汁を吸える状況にある事を市民は早く気付き、声を挙げなければ近い将来、周南市は財政再建団体に陥る可能性があります。


若い公務員の方々も自分達の将来、家族の将来、地域の将来を熟慮し声を挙げましょう。