周南市議会議員の下劣な資質 市長の撒く餌を食らう

ツタヤ図書館の入る新徳山駅ビルでトンデモナイ恥ずべき事が起きています。


この駅ビルでは約100本の鹿野の木材が使用されます。地元の木材が使われること自体喜ぶべき事ですが、この木材の出所に問題があるのです。秘密にされていたようですが、鹿野を地盤としている材木商 N議員の会社の材木が使用されることが明るみに出たのです。

これではNさんが、木村シンパに転向するのも頷けます。

金で信頼を売った恥を子供や孫、支援者にどのように伝え償うのでしょうか。
今でも上手くやった思っているのでしょうか。

議員は公人であり、地域社会を良くするために選ばれた自覚は、N議員には皆無ですね。
一刻も早く議員辞職をしなさい。公職選挙法にも抵触しますよ。


こんな事、周南市ではN議員に限った事ではありません。果物屋の S議員など多くの議員がヤバイ橋を渡っています。自分達にも生活があるからなどと、どこ吹く風の議員たちがマジョリティの市議会ですから政治屋にとっては、金目さえちらつかせば何とでもなる情けない周南市です。

ですから木村さんも楽なものです。ただ、儲けさせてやるから」言えばよいのですから。

家を新築や増改築した議員、高級車やブランド品が持てるようになった議員なども同じ穴のムジナです。市議の生活環境の変化をよく観察しましょう。

ですから市長たちにとって、こんな議員の懐柔はたやすいものです。
自己資金でこんな議員たちを懐柔するのは大変ですが、何しろ市民の税金をチョロマカス訳ですから簡単でしょう。それでも足りなければ市長は屁理屈をつけて市債を発行しさえすれば事足ります。何せ市長シンパが多数の議会ですから。

しかしこの結果、将来の納税者に多大な苦役を押し付ける事になるなんて知った事では無い輩だけが、うまい汁を吸っている現実を周南市民は知ってほしい。


今、儲けられれば、後は野となれ山となれと無責任に周南市を食い荒らしている政治屋集団を放逐しなければ、周南市は財政管理団体に陥ってしまいます。

少なくとも、財政管理団体だけは回避できるよう周南市民は目を覚まさなければなりません。
面倒くさくても行政を監視しなければなりません。
後の祭りでは、子供や孫に申し開きできないでしょう。

夕張市のように財政管理団体になれば行政サービスは低下し公共料金・介護保険料は値上がりし、周南市民は十分なサービスを受けられなくなってしまいます。

市政にモノ申す事は市民の現在と未来を守ることになります。

行政の言う通りにしておけ、混ぜくるなと言い争いを好まない人達がいるのも確かです。しかし箱物行政の結果、周南市には900億円もの負債があります。

新年度予算案では一般会計12.2%増加で過去最大の708億円です。税収も大幅に減少しているのに箱物建設に邁進する木村市政の無謀ぶりが垣間見れます。


これでも「あなたやあなたの子孫の未来は大丈夫」と確信できますか・・。
争い事を好まない周南市民の皆さん、子や孫の未来のためなのです。

権力は必ず嘘をつくことを肝に銘じ、自分達の生活を守ろう。

しっかりしよう、わかっているの 周南市民!!