しゅうニャン市宣言の裏側

周南市の木村市長はさかんにしゅうニャン市宣言の効用を世間に知らせたいようであるが、悲しいかな、根本的な点でこの誤りに気付いていないようです。

木村さんが本気でネコの習性のごとく周南市民が自由にと言うのであれば、飼い猫は果たして自由なのでしょうか。

ただ飼い猫だけを可愛がるネコオタクの木村さんの貧しい発想に多くの市民(市外も含めて)は 呆れていますよ。何を“ちばけた”事を言っているのか阿保じゃと・・・。決して尊敬はされていません。

○○ニャン市と言っている自治体は他にも多数ありますが、周南市のように多額の税金を使っている所はないようです。

冗談はエイプリルフールの時だけにしてほしい。
周南市と言う立派な文化的な名前があるのですから。


しかし、これに異常に拘るのには何か変だと思いませんか。

彼の事ですから必ずお金にまつわる何かがあるはずです。

事実、木村さんによる様々なプロジェクトには G&Cコンサルティング、たにの何某、宮本倫明などの名前があります。しかもこれを取り仕切るのは秘書課の山本何某と言われています。現時点で既に、三千万円超の予算を計上しており、これから毎年このプロジェクトに更なる資金を投入するとの事です。

G&Cコンサルタンツにいたっては約一年半前に法人登録された会社ですが、会社の玄関には会社の名前さえ出ていません。ペーパーカンパニーの匂いがします。木村さんは何のためにこの会社を使うのでしょうか。

察しはつきますが・・・。


今まで、市のプロジェクトには必ず市職員が加わり、それなりの成果を出してきたものです。しかし木村市政になり随意契約で市外の業者に丸投げすることが多いと言われています。これは市職員の事を考えての温情ではない事を職員も市民も注視する必要があります。理由は簡単明瞭です・・・。

この様な仕組みはなぜか不祥事を起こした道の駅ソレーネを連想させます。

道の駅の問題は未だに市は真相の解明に協力的ではなく、遅らせようとしています。
出るとまずい事があるのでしょう。


周南市を全国的に周知させたいのなら、そしてしゅうニャン市と声高に宣伝するのなら、少なくとも動物愛護に真剣に取り組む必要があります。内容があり全国に誇れるまち創りが必要です。いい加減な浅知恵では勝負できません。


周南地域では子猫がガスで殺処分され、死骸が大きなかごで何杯も捨てられている現実を市長は直視する義務があります。日本一残酷な市と言われる所以です。ただ自分の猫さえ可愛ければ他の猫はどうなっても知らないと言った所業はしゅうニャン市呼称を擁護する方達にも許されるものではありません。

今、周南市は野犬一斉捕獲のためと緑地公園の木々を伐採しているのをしゅうニャン市呼称賛成者の皆さんご存知ですか。木を伐る事を躊躇しない木村さんの姿勢は異常です。事実、市役所にあった藩政時代からそびえていたクロガネモチの木を平気で伐った人ですから・・・。

動物愛護あっての周南市でしょう。
小さい命すら大切に出来ない人が人の命を守れる訳がありません。


周南市を全国に周知したいのなら箱もの行政を止め、世界に誇れる良いまちにしてほしい。安っぽい思い付きで政治をすることは許しません。早くしゅうニャン市を諦め、税金をもっと有効に使いましょう。

中心市街地活性化、活性化といって30年以上も税金を投入し徳山駅前は現在の様な寂れたまちになってしまったのを知っていながら新駅ビルが活性化の起爆剤になるとでも思っているのでしょうか。周南市のほかの地域の問題は知った事か・・・でしょうか?

政治屋と結託した構図が見て取れますよ。

それでもと言うのであれば私たちはあなたの詭弁を徹底的に調査します。