原子力政策を根本から再考せよ

あれほど安価で安全なエネルギーだと謳っていた原子力発電・・・。

日本国民の皆さん、福島原発事故 の後始末、
どうなっているかご存知でしょうか。

加害者である東京電力は、国民の税金を使い、会社が潰れる事もなく、全く他人事のようにいい加減なデータを発表しまくっています。

スリーマイル島やチェルノブイリ原発事故より深刻な事故
と言われているにも拘らず税金をあてに気楽なものです。無駄と思われる除染や地下水の流れを遮る目的で、役にも立たぬ凍土壁を建造するなんて、何を考えているのでしょうか。そして、現実に帰宅可能な地域があんなに許可されていいのでしょうか。

もし、絶対安全というのであれば、県会議員や知事、その地域選出の国会議員に帰宅可能になった場所に住んでもらおうではありませんか。原子力安全委員会のメンバーや大臣の皆さんにも是非、長期間住んでいただきたい。

今でも福島県や関東地方にはホットスポットが各所に存在していると言われていますね。
大地や海を汚染しておいて平気の平左でしょうか。

廃炉の道筋もたたないのに

安倍内閣は停止している原発の再稼働を急いでいます。
誰のために、なぜ急ぐのでしょうか・・・? 変ですね!

ここ数年、原発を稼働しなくても電力は足りていたはずです。

日本国は火山国で地震も多発しています。それなのに、どうして火山列島の上に安全だと嘯いて原子力発電所を造るのでしょうか。福島原発事故の総括も出来ていないのに・・・。

再生可能エネルギーという方法があるのに

日本人は誰かの言いなりになっていると、海外の人達からも嘲笑されていますよ。電力会社は安直に補助金を得られ、経営に貢献するからでしょうか。しかし一旦事故を起こせばどうなるか、経験したはずなのに・・・。経営者たちは本当に日本国籍をお持ちなのでしょうか。いったい誰のために、原発を再稼働や新設をしようとするのでしょうか。不思議な事ですよね。キットどす黒い何かがあるのでしょう。

日本は人口も減少するし、大企業はもうすでに自前のエネルギー源を持っています。いずれ電力は今以上に余るに決まっています。この様になった時、原発をどう始末するのでしょうか。造るだけつくって、あとは野となれ山となれでしょうか。

どうしても “誰かのために原発を” と言うのであれば官僚、国会議員、知事、県議、市町村議員、電力会社の経営者の皆さんには是非、原発の近くに住んでもらいましょう。