選挙に行こう!! 棄権は愚の骨頂だ!!

せっかく、選挙権が18歳に引き下げられたのに

若者はどうして選挙に行かないのか不思議でならない。

今のように、首相の思いのまま、お友達内閣で政治を遊び道具にされて、
将来一番困るのは今の若者達だと言う事に早く気付いてほしい。

選挙に行っても何も変わらない、投票したい人がいないなど理由は述べるが、こんな人に限って、自分の今置かれている状況が悪くなれば、政治が悪い、政治家が信用できないなど様々な屁理屈を並べる。

政治に無関心?・・・、情けないと思わないか?

一つ提案したい。
棄権しないで白票を投じることだって、選挙に参加しているのだ。明確な政治不信に対する意思表示です。もしも、その選挙区で白票が一番多ければ、そこでは当選者がでないと言う事になり、政治不信に対する意思表示の効果は十分ある。

また、少しでも自分の考えに近い主張があればその人に投票してはどうだろうか。

決して、宗教団体や労働組合などの言いなりになってはなりません。特に巨大政党のデマに左右されてはなりません。マスコミや評論家なども要注意でしょう。

噂話や作り話に騙されず、自分の頭で考えることが重要です。

政治家は特別な地位にあるひとで、

信頼されて然るべきと錯覚している人の多い事。お笑いです。誰のおかげで政治家になれたのかよく考えては・・・?

ある世論調査では、半数の人が政治家を殆ど信頼していないとしている事を見ても政治家の信頼度の低さは群を抜いています。だから投票率も50%を切り、政治不信が半数以上というのも頷けます。

若者やその子供たちの将来を守るためにも選挙に無関心であってはなりません。

棄権することで一番得をするのは政権政党であり、宗教団体や労働組合でしょう。

少子高齢化が確実な日本の将来のためにも、選挙には是非行こう。平和で生活し易い、美しい日本を創るために!!