周南市の腐敗体質

先日ある人からこんな話を聞きました。

ある建設業者が周南市の公共工事に参加できないで困って、市のある幹部に相談に行ったそうです。そうすると彼の返事は一言、”参加したければコンニャクを持って来い” との事で、今度はある市議会議員に市の幹部からいわれた事を伝えたそうです。そうするとこの市議会議員も”俺ができるようにするから俺にコンニャクを持参しろ”との事でした。

コンニャクとは面白い言い方で300万円をさすようです。

この二人はいわく付きの「悪」で有名です。この建設業者はよほど仕事が欲しかったのでしょう。


このまちは、上から下まで腐りきっていると市内外の知人からよく言われます。公共事業の多くは一部の業者だけが請け負っていると言われています。

これも市民が政治に無関心だからです。