周南市が防災シンポジウムを開くってさ!! 反省するのか?

7月の西日本豪雨災害で

周南市の防災対策本部の設置さえしなかった ” 木村市長の反省会 ” が必要だと思っていたところ、10/13土曜に防災シンポジウムを開催すると周南市は黄色いビラを配布しています。

このビラを見ると

周南市の本気度がうかがい知れます。これだけ周南市民にとって重大な関心事であるからには、おふざけはいけません

・・・ビラの最上段、周南市の「南」の所に猫の絵、また周南市の上に ” しゅうにゃんし ” とルビがふってあります・・・。


さらに驚いたことには

パネラーの殆どは ” 周南市の防災無線設置に関係した人物ばかり ” です。

・・・所謂、御用学者の集団です。

講師の

” 片田敏孝さん ” は岐阜県のご出身です。まさか、まだ未完成の防災無線を設計した ” ビーム設計 ” と関係はないのでしょうねと、巷のスズメの煩い事。そうではないことを祈ります。

・・・そういえば、ビーム設計の本社は岐阜市にありましたね。

パネルディスカッションは

完成していない周南市防災無線の根幹に関わる仕事をしている方々で占められているように感じられると多くの市民は噂しています。

・・・だから内容は・・・。


黄色いビラには

シンポジウムを開催する ” 目的 ” が書かれております。

自分の命を自分で守るにはどうすればよいか?

:今回の豪雨災害で証明されたように市は住民の安全を守ってくれないという事です。周南市では自分の命は自分で守る以外なし

② 一人ひとりができること、行政ができることを、「共に」考えるため

周南市民は行政を当てにせず、自分の命は自分で守ろう行政は住民に何ら情報を与えなかったのだから。何が「共に」だ!


今回、防災無線は機能したのでしょうか ???

市長は ” 9月現在完成している ” と言っています。だが ” 今は開通試験を行っており、実用まであと6カ月かかると釈明 ” している。防災の専門家に言わせれば ” 全く的外れな言い訳 ” だそうです。完成しておれば直ぐにでも利用可能となります。

防災無線の設置の話は 前市長 の時からで、

” 木村市長に代わって約8年経過 ” しています。



前市長は ” 設置が遅れたと言うだけ ” で、100条委員会にかけられ失職させられました。


今回の市長の所業は、

” 桁違いに悪質 ” で、住民への人的・経済的被害、地域の財政的損失などを考えれば、木村市長は100条委員会にかけられて然るべきです。

今まで、驚くべき無知さと平然とウソをつける才能で市民や議会の監視の目から逃れてきていますが、今回はそうはいきません。” 議会は早く100条委員会を設置すべき ” です。