青汁には種類がたくさんありますが、ドラッグストアなどで売っているイグサの青汁がおススメです。

イグサは皆さんがよく知っている畳を作っているものです。
イグサの青汁は野菜と同じ栄養分を摂取することができますが、他の青汁よりも優れている点は、食物繊維が多いという事です。青汁に多くみられる大麦若葉よりも多い食物繊維で、便秘がちな方にはぴったりです。しっかり栄養を取りながらダイエットしたい方に向いています。便秘が解消される事で、肌のトラブルを少なくすることができます。朝飲むと、1日の栄養分をしっかり摂取できて快調に1日を過ごすことができるのでおススメです。もう1つ他の青汁と違うのは味です。どうしても青汁と言えば、飲みやすくなっていると言っても、大根のような独特の臭いにおいが残ります。イグサの青汁はにおいに全く臭さがなく、香ばしい香りがして、臭みがなく抹茶のような味がします。水に混ぜても良い抹茶でも飲んでいるかのようで、美味しく飲むことができると思います。

昔はとても不味くて飲むのに一苦労していた青汁ですが、最近は使われる原料を変えることにより本当に飲みやすくなりました。まず昔の青汁の不味さの原因はケールにありました。ケールという原材料に臭みや苦みが強く、青汁を鼻をつままないと飲めないものにしていたのです。
ケールとは抗酸化作用が強く美容に秀でています。
老化予防にとても効果があり、同時に栄養価も豊富なのが特徴でした。

しかし最近よく青汁に使われるようになったのは「大麦若葉」です。
この原材料はケールのように臭みや苦みが少ないので大変飲みやすいです。

抗酸化作用もケールほどではないにしてもありますし、何よりも栄養価がケールよりも豊富に含まれています。

このおかげで従来のような美容効果・健康効果が共にありながら飲みやすくなっているのです。
大麦若葉は抹茶の味がしてとても口当たり爽やかです。

飲みやすい青汁をお求めならケールよりも大麦若葉の青汁をオススメいたします。

子供の頃のコマーシャルで青汁を飲むと「まずい」と叫んでるのがインパクトがあり罰ゲーム的要素がありあまり飲みたいものではありませんでした。主人が通勤途中の青汁スタンドみたいなところでほぼ毎日飲んでいる話で「最近のは美味しいよ」ということで気になったので買ってみました。ちょっと苦味と臭みがあるのかな?

リンゴやはちみつ等ブレンドされていて最近のは飲みやすくなっているようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました